×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダメ人間 お金 借りる

宗教という離乳食

海外のニュースやいろんな話題を見ていると、
宗教がらみの問題が多いように思えた。
この日本という無宗教というか宗教ごった煮というか、
なんとも信心深さの無い国に生まれ、育った身としては、
どうにも彼らの原動力のようなものがわからない。

私個人の意見としては、先進国に宗教は必要ないと思う。
あれは社会を一方向に纏めるための指針であったり、
犯罪を起こしにくくする効果を狙ったストッパーであったり、
道徳心に近いものを持たせるための道具であったり、
飢えなどの苦しみに耐えるための拠り所であったりする。
これらは、全て『教育』と『法律』で代替可能だ。

神の存在を信じるなとは言わないが、
それを社会の基盤にしてしまうのは危険だ。
世界の歴史に宗教戦争というものがどれだけ起こってきたか、
それを見るだけでもわかる。
日本人の大多数は、「神様に見られているから」なんて思わなくても、
純粋に道徳心で行動できる。
悪いことをするのは良心が咎めるし、
良いことをするのは気持ちの良いことだ。

「地球は人類のゆりかごだ
だがゆりかごで一生を過ごす者はいない」
という言葉がある。
これは、「宇宙旅行の父」と言われる、コンスタンチン・ツィオルコフスキーの言葉。
分野は違えど、宗教にも同じことが言えるのではないかと思う。
宗教とは、その国の社会がある程度完成されれば必要なくなる、
いわば離乳食のようなものだ。

ダメ人間でも借りられる街金メニュー

ダメ人間でも借りられる街金リンク